境内の様子

アサギマダラがやってきた。

今年も忘れずにやってきた「アサギマダラ」。最近は随分と周知されるようになりましたがこの蝶が渡りをし、境内のフジバカマの花にたどり着くまでどんなことに遭遇しているのだろうかと思うといとおしくなります。そっとながめていると掌
行事

今年は半月の観月雅楽会

境内に建立された和気清麻呂公の銅像前広場で開催される観月雅楽会も今年で8回目となりました。毎回総代長の奉納で特設野外ステージが設置され、「天理関門雅楽会」の皆さんの奏でる雅楽に深まりゆく秋の夜のひと時を心静かに過ごします
行事

View Post

秋祭り第一弾。合馬地区の天疫神社の秋祭り。無形文化財の合馬神楽が奉納されます。 祭典が終わると三々五々舞人(まいびと)が神社に集まります。皆、仕事が終わってから急いで駆け付けるのですが農家が多い地区で翌日の天気が雨模様の
行事

お祭りシーズンの息抜きに落語を一席。

年に二回催される観山荘別館寄席にはほとんど行っています。今回は私の好きな落語家、滝川鯉昇(たきがわりしょう)師匠。肩の力が抜けたひょうひょうとした語り口にほっと心が和みます。あまりメジャーでない噺家さんのなかにもとても面
行事

敷地祓が終わりました。

9月から始まった本務・兼務社の敷地祓いが本日終了。葛原地区、湯川地区、中谷地区の合計約1300戸を18日間をかけてお祓いして回ります。 榊台と言う小型の神輿に神様を乗せ、触れ太鼓をたたきながら幟を先頭にして神社を出発する
行事

九州地区神社講習会

8月27日・28日に開催された九州地区神社保育研修会に参加してきました。この研修会は保育園や幼稚園を経営している神社の団体が行う年に一度の研修会で約300名の保育士・幼稚園教諭が参加します。各県持ち回りで今年は大分県が当
行事

穂見祭

宮司が幼稚園で作っていいる小さな田んぼの稲にも今年も変わらぬ穂がではじめました。稲穂が出るこの時期に行われる祭事を「穂見祭」と呼びます。毎年40家ほどの神道家に出かけ祖霊祭を行います。農耕民族である日本人の基本は稲つくり
行事

夏越大祓式

久しぶりの更新です。始めからちょっと飛ばしすぎました。これくらいが本来のスピードです。 7月29,30,31日と夏越大祓が私が兼務する各神社で行われました。各神社それぞれの催しがあります。当社では前準備として各町内ごとの
行事

和気清麻呂物語

参道に清麻呂物語の看板を取り付けてみました。できるだけ誰にでもわかりやすく清麻呂公のことを説明するのために、灯篭絵の指導をいつもお願いしている工房自由空間の松岡忠夫氏が以前描いてくださった「葛原八幡神社御祭神和気清麻呂物